スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像の加工

せっかく「画像の切抜き」を覚えたのだから背景とかと
合成してみたいじゃない!

という事で、素人が基礎知識もないままババンと合成してみました。
miku_rev04test.jpg
やっぱ浮いてるなあ…キャラの画像はもっと黄色くすべきだったか。
(画像で目の周りがやたら赤いのは、そういうパーツを置いているからです
半透明の画像を重ねてることにより、色が強調されちゃうみたいですね)

testp.png
ちなみに元の絵はこんな感じ。


コレ面白いですね。
GIMPの機能とか、どうすればどんな絵になるのかとか
何一つ理解できてませんけどw

でもこういう細かい作業は動画作るときにはちょっと使えませんね。
元絵の加工工程を確立して、出来上がる絵の状態も確立しないと
数千枚に及ぶ出力画像に対して同じ効果を与え続けるのは
ちょっと難しそうですね。
(プロな方々はその辺もキッチリやってるんでしょうけど)

ちなみにこの場合キャラクターは3枚の絵でできてます。
1枚め:ぼかし+半透過
2枚め:通常の絵
3枚目:ぼかし大
なので線の外に色が若干にじみ出ています(多分)

更に背景にノイズを乗せて、キャラの後に黒と白のボカシ用の
キャンパスを置き、キャラの前にも1枚キャンパスを置いています。

全部で7枚ですね。
動画作成時には絵を書き足している3枚のキャンパスを抜かないと
先に書いたような「同じ効果」を与え続けるのはちょっとスキル的に
無理な感じです。

まあ背景の街灯の光を揺らしたりする加工を入れるなら、この辺の
ブレが逆に「いい味」になるのかも知れませんけどw

MMDに持っていくと多分もっと丸顔になるんですが…
とりあえずこの顔でモーフを作り始めてます。
結局現状前髪の骨いっぱい化は止めておきました。



ぴろり菌てと までのMetasequoia上のセットアップが完了しました。
後は延々.x出力をして、延々PMDEditorで数値入力…みたいな作業です。
今日明日はコレだけしかできないでしょうねw
がんばって日曜午後6時までにセットアップを終え、ラジPの動画で初見
できるようにしたいと思います。

まあ…ガンバルヨ。
…頑張らないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toriten

Author:toriten
世界の隅で静かに暮す底辺3Dモデラーです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
メールフォーム
御用の方は以下のメールフォームよりお気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
3Dモデル置き場
toritenが作成・セットアップしたMMD用 .pmdモデル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。