スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪むポリゴン

モデルを縮小してもモーフは移動量か何かで設定されているんですね。
物凄く動いてドキドキしました。

結局今回のモデルは200mまま進めます。
一通りの設定が決まった所でもう一回「同じ物」か「違う物」か分かりませんが
持ってきて設定しようと思います。


さて…
スキンも終わって一段落…と行きたい所なんですが。
モデラーで設定したはずのwaitがレイアウトで適用されていないという現象を
発見してしまいました。
頭の骨に100%で割り付けているはずの顔が捩るとぐにゃー…っと(涙

試しにモデラーで同様の動作をさせてみたところちゃんと動きます。
つまりレイアウト側でモデラーで作成したwaitmapを無視しているって事ですね。

うーん…これだとモデラーのエディタで割り付ける意味ないよなあ…
まあモデラーの「スケルゴン回転」を使って調整する時には必要なんですけどねw
これ便利ですねw
塗っては回転させて様子を見る事ができるため、非常に重宝しそうです。


で、件の問題ですが
data7_85.png
このようにレイアウト側で骨とマップを関連付ける事で回避できました。
全部やらなくてはいけないので、とても面倒ですけど仕方ないですねw



また掲示板で発見したのですが…
Vertex Paint で真っ黒ってのは既知の問題のようですね。
骨を入れ直したらちゃんとできたって人も居るようですけど、
ウチでは先に書いた条件の範囲ではNGです。

Metasequoiaから持っていくdataに問題があるのかは、
まだ分からないですけど…

今日は物理エンジンを組み込みますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toriten

Author:toriten
世界の隅で静かに暮す底辺3Dモデラーです。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
メールフォーム
御用の方は以下のメールフォームよりお気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
3Dモデル置き場
toritenが作成・セットアップしたMMD用 .pmdモデル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。