スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新ペースが落ちてます

モチベ維持が出来なくなって何もやっていない
って訳じゃないんですw

アップする画像を残していなかったり
アップできるようなデータを作っていなかったり
アップできないようなものを作っていたり…
そんな感じです。




MMD移殖で誰もが悩む部分について再検討を
始めています。

全てのモデルには適用できないのですが…
data9_96.png
いわゆる肩の破綻を軽減する方法ってヤツですね。

恐らく著名なモデラーさんはやってる???
のかもしれませんがw
私は今まで比較的デザイン先行で、リアルな身体に
近いポリ結合状態で作ってきていたのですが…
捩ると皺が出たり、複数方向へ曲げると激しく歪んだり
何気に頭を悩ましてきました。

そこで、とりあえずですが…
2つの対策案を検討する事にしました。

今日は第一案ですね…
比較的簡単にできると思いますが、デザインに制限が
間違いなく出てきます。
data9_94.png   data9_95.png
捩りで皺が出る原因はただ一つ、ポリゴン割の
限界を超えて曲げられるからです。

つまり限界が来ない構造にしてしまえばイインジャネ?
って思った訳ですねw

多くのモデルは肩に服と服、及び服と肌の境界が来ます。
そこで思い切ってその部分を切り離してしまいます。
こうすると物理的に切り離されている為、360度回転させても
ポリゴン形状が歪む事はありません。
これは腕の捩りでもそのまま使えます。
切断部分を円形にしなければ動かした時に歪みとは
また別の問題が出るので、デザインに関しては
ある程度我慢する必要があると思います。

また肩が完全に露出しているようなデザインでは
コレは使えません。
MMDでうまく表現できるか分かりませんが
もう1つの手段も試してみようと思っています。
それはまた何れ…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toriten

Author:toriten
世界の隅で静かに暮す底辺3Dモデラーです。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
メールフォーム
御用の方は以下のメールフォームよりお気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
3Dモデル置き場
toritenが作成・セットアップしたMMD用 .pmdモデル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。