スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LWへの移行のために

地味にモデリング修正をしています。

外観を変えないように直してるので、
ぶっちゃけ見た目何が変わったのか全然分かりません。

1.髪の生え際
 Warabiでは黒い線が出るため、生え際の下地を顔と同じ色に
 していましたが、MMD同様透過が使えるようになる為全部分離しました。

 顔と頭皮の陰影を合わせる関係上髪まで同じグラデを使っていましたが
 やっと別々の設定ができます。
 Warabiでも接写しなければ黒い線は出ないので、こっちを使おうかと
 ちょっと考えてたり…

2.モーフの強化
 MMDとはちょっと異なるので、身体とかにもモーフを仕込むのが楽です。
 とはいってもKeynoteほど楽ではありませんが…。
 脇と二の腕周辺をちょっと変更。
 あとストッキングを足と分離し独立させた関係上、ストッキングにより
 付けていた段差をなくす事ができるモーフも用意しました。
 本当は二の腕プルン とかモモふくらはぎプルンとか付けちゃろか!
 って思ったんですがやり過ぎても困るので止めました。

3.素体の用意
 ストッキングを分離した事により、rev04(という内部名称です)は
 完全なまっぱにできる様になったので、服と身体を分けれるようにしました。
 モチロン服に合わせてカスタマイズは必要ですけど…
 今後の基本的修正はこの素体で行う事にしました。

4.その他モロモロ…
 細かいので全部は覚えてませんけどw
 テクスチャ等も修正しました。



んでLW側ですが…相変わらずの悪戦苦闘です。
一応エッジを出さないならLW標準のシェーダーでも同じ様な絵に
できる事がわかりました。

エッジ描画をできるようにってのも考え、上の修正を入れています。
WarabiやMMDとはまた違うちょっとした小技が必要そうなので…。

グロウの表現ですが、obj全体で光らせる方法は分かりましたけど
テクスチャをベースにやる方法は見つかっていません。
とりあえずマスク用のテクスチャの出力ColerをSpecularに
LumaをLuminosityに入力する事で何となく光ってる感は
出せたので、最悪コレで行こうかと思います。

LW008.png

まあモデリング同様奥の深い技術なので、一瞬で全部が分かる訳ないんですけどw
時間は余りないけどw ジックリ? 覚えようと思います。
とりあえず今年の目標へ向けての第一歩を歩き出した感じです。

が!  やはり「LWの事なら俺に任せろ!」
的な先生が見つからないのが結構痛いですw


もう少しMetasequoiaでLW用のdataをまとめたら再度
移行作業を再開します。

暫くはMMD関連はないかなあ…
んー現実逃避したくなったらチャロンの続きをやるかも知れませんがw
(比較的早く作れますしねw)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toriten

Author:toriten
世界の隅で静かに暮す底辺3Dモデラーです。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
メールフォーム
御用の方は以下のメールフォームよりお気軽に。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
3Dモデル置き場
toritenが作成・セットアップしたMMD用 .pmdモデル
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。